年齢制限はキャッシングでは必ずある

10:53 AM on 2014年3月11日

キャッシングの年齢制限、上限は満60歳、65歳、69歳などキャッシング会社によっていろいろです。また借り入れ条件の年齢制限は申込時での満年齢の規定です。借り入れ途中に一定の年齢になったら、それ以上は追加で借り入れできず返済のみとなることが一般的です。

申し込み時点で年齢の上限を超えていれば、残念ですがあきらめるよりほかはないのです。収入がキチンとあったとしても、申し込みはできません。

それでは年齢制限は大丈夫、でも収入は年金収入だけという場合は申込できるのでしょうか?キャッシング商品では、収入の規定として「安定した定期的な収入」ということが記載されているものばかりです。安定した収入があることで返済可能と判断されるのです。

では年金は安定した収入に含まれるのかどうか、大きな問題ですよね。確かに毎月入ってくるお金、という部分だけを見ていれば安定していますし、定期的です。この年金を返済できる能力としての収入とみなすかどうかは、それぞれのキャッシング即日会社の判断にゆだねられています。

申し込みできるかどうかは、ひとつひとつのキャッシング即日会社の借り入れ条件を確認していくしかありません。「年金収入の方でもお申込みいただけます。」「年金収入の方は申し込めません。」と表記してある条件を調べていくのです。自分が申し込みたいキャッシングのウェブサイトにその条件が明記していなければ、電話をして確認したほうが確実です。

シュミレーションでキャッシングは決まる

1:15 PM on 2014年1月13日

キャッシングの前には返済シュミレーションです。これだけは絶対に忘れてはいけません。金額がそれほど大きな場合でなくても、必ずいつに返済を完了させるのかということをきちんと考えてからキャッシングをする必要があるのです。極端に言ってしまえば、1万円だけ利用してそれに利息を加えて1回で返済してしまうときにでも、いつに返すのかをきちんと計画しておく必要があるのです。

キャッシングは日数による計算をするものがほとんどですから、1日でも早く返済したほうがよいに越したことはありません。しかしお給料日の都合や他の出費などともトータルで考えて、返済できるタイミングというのは決まっていますよね。ですからシュミレーションによって少しでも返済する利息を少なくするというのがよいのです。

返済シュミレーションを申し込み前に簡単にできるソフトなどがついているキャッシング会社のウェブサイトもありますし、返済シュミレーションで検索しても、借り入れ金額などを入力すれば元金と利息が分かりやすいグラフになって出てくるサイトなどもあります。

さらに消費者金融なら店舗の窓口などで、アドバイスを受けながらシュミレーションの見直しをしてキャッシングすることも可能です。追加借り入れをして返済スケジュールが分からなくなってしまった、というときにも教えてもらえます。

どの方法を利用しても構いませんが、自分が実際に返済していく状態を具体的にイメージすることが大切です。

キャッシングとはいったいどんなもの?

11:24 AM

キャッシングとは、もともと自分の銀行口座から現金を引き出すということを意味していました。現在では転じて、クレジットカードや借り入れのためのカードで現金を借り入れすることのほうがキャッシングの意味としてすぐに思いつくという方のほうが多いかもしれません。

キャッシングする方法によっては、お金を借りるという意識を持ちにくい場合もあり、ついつい借りすぎてしまうという危険性があります。現在は、改正された貸金業法によって年収の3分の1を超えてキャッシングすることはできなくなっていますが、それでも計画的な利用をしなければ返済に困るということにもなりかねません。

キャッシングをしたお金には必ず利息がかかるということ、返済の期間を具体的にシュミレーションすることで、上手なキャッシングの利用というものが可能になります。

一人が何枚もクレジットカードを持ち、消費者金融などの借り入れ先もとても身近な存在になっている時代ですが、お金を借りる上での計画性というものは常に持っていなければなりません。自分で借り入れの計画、返済の計画をきちんと立てたうえで、借り入れ先の便利なツールをアシストとして利用することがキャッシングを成功させるコツとなるでしょう。お金の計画は、一時的なものでなく長期的なスパンでとらえる必要がでてきます。金利だけにこだわらず、少しでも自分にメリットのあるキャッシングを利用することを心がけましょう。

詳しくは・・・お金を借りる重要なポイント【まとめ】

住信SBIネット銀行最大のメリットATM利用手数料無料

11:47 AM on 2013年6月18日 , , ,

住信SBIネット銀行最大のメリットと言えばやはりATM利用手数料無料。
これがあるからこそ、普段使いに利用できる銀行として選ばれているのでしょう。
利用できるATMも豊富になっていますので非常に便利であり活躍します。

セブン銀行、ゆうちょ銀行、イーネット、ローソンATM、ビューアルッテです。

セブン銀行は入出金、残高照会も手数料がかかりません。
ビューアルッテは入金の取り扱いがありませんが、出金と残高照会は手数料無料です。
ゆうちょ銀行、イーネット、ローソンATMの三つのATMは出金が合計して月に5回まではりようが無料になっており、6回目以降であれば1回につき105円の手数料がかかり、入金と残高照会は無料になっています。

どうでしょうか。
これだけのATM手数料無料があればATMを利用することに抵抗がなくなるでしょう。
実店舗のある銀行と同じように使うことができます。
それよりもむしろ実店舗のある銀行よりも使い勝手の良い銀行となるでしょう。
ATMの利用手数料が、ゆうちょ銀行、イーネット、ローソンATMには無料出金に回数制限があります。
それでも月に5回まで。
ATMから出金することが月に5回もあるかと言えばそれほどはないのではないでしょうか。
計画的に出金を行うことでATM利用手数料は無料のままでいられることができます。

無駄な費用を抑える、そのためには振込手数料ももちろんのことながらATM利用手数料が無料になるのは大きなメリットになるはずです。学生さんがお金を借りるときは、プロミス学生借入についてなど参考にしてみましょう。